【デッキ構築妄想指南②】デッキを組み上げよう

安心してください、ニャが続けてます。ゼフィです。

相変わらずの不定期更新っぷりですが、
ようやく年末に1本記事が書けそうです。

年末の挨拶は後回しにして、、、オイ、、
置いてけぼりにされていたデッキ構築指南の
第2回にてゼフィがどうやってデッキを作っているかを
まとめ的な感じで書こうかと思います。

相変わらずの文字のみの読みにくい記事になりますが、
どうかお付き合いください。


と、その前に前回記事に2つもコメントをいただきました♪
まず始めに”にも書いた通り、
個別のコメント返しは割愛させていただきますが、
大変ありがたいコメントありがとうございます。

読みにくい&妄想全開の記事ですが、
引き続きよろしくお願いいたします。



というわけで本編に移る前に、、、
初めてこのブログをお読みになる方はこちらからお読みください。
前回記事はこちら。。。


前回記事にてデッキコンセプトを決めようということを
書きましたので、今回はその後、
デッキを仕上げていくにあたって、
ゼフィがどのように考えてデッキを構築しているかを
書いていこうと思います。


①デッキは出来るだけ受けを広くしよう

デッキコンセプトを決めようといったのは私ですが、、、
あまりに偏った構成にすると、
特定のデッキには勝てるけど、
他のデッキには全く勝てないといったことも起こります。

私も過去にいくつかいわゆるTCGやデッキ構築型の
ゲームをかじってきましたが、
強いデッキに共通しているのは、
様々なデッキに勝てるよう調整してあることです。

もちろん強力なデッキコンセプトがあるのは前提なのですが、
そのコンセプトの弱点となりうる部分を
幅広くカバーできるように上手く調整してあることが
様々なTCGの強者の共通項かと分析してます。

それでも新カード・特技の登場などにより、
環境が変わっていくことで最強デッキも日々変化していく、
ということが流行っているTCGの特徴かと思いますし、
ニャがにも同じことが言えるかと思います。




②対策特技を導入しよう
①を具体的にどうするかというと、、、

デッキコンセプトを決めたら、まずは弱点を整理しましょう。
整理といっても細かくやらなくても、
どの特技によく(数多く)負けるや
このデッキには勝てるようになりたいといった程度でも
オーケーです。

その上で対策となる特技を入れていくわけですが、
ポイントは2つ。。。

・全ての対策特技を入れられるわけではないので、
出来るだけ数の多い特技の対策をするといいです。
多少の環境読みが必要になるのですが、
勝率を上げるためには最低限は必要かと思います。


・どの特技を外すか迷ったときは、デッキコンセプトを
思い出そう。
入れたい特技はデッキコンセプトの邪魔にならないか、
外す特技はデッキコンセプトの中でどれくらい重要だったか
を考えることで構築の指針になります。


③なめちゃいけないオーソドックス
迷ったら基本に立ち返ってみるのも悪くないです。

具体的に言うと、、、
意外と役に立つ壁役&支援役。

どうしても攻撃的なデッキコンセプトを組むと、
壁役や支援役を外したくなりますが、
対策特技をどのねこに積むかを考えていると、
意外と重宝したりしますし、
単純に入れるだけで勝率が上がることもあります。

必ずしも必要なわけではないのですが、
どうしても迷った時には入れてみるのも
案としてはありかなぁと思います。


【まとめ】
デッキ構築フロー

① デッキコンセプトを考える

② 弱点、対策が必要な特技を把握する

③ 対策特技を導入する

④ ②③を繰り返す

⑤ より強力なデッキコンセプトを考える

⑥ ②に戻る


とこのように試行錯誤を繰り返しながら
少しづつ強くなるのを実感できるのが
ニャがの面白いところだと思います。

時には失敗して大きく勝率が下がることもありますが、
どうしようか考えている時が一番楽しかったりもするわけです。


ちなみに我がゼフィの里は、この1か月間の
アップデートやキャンペーンやらで、
混迷の極みに到達しています。。。
さらに正月前にニャポがつきました。。。

まぁ、勝率を上げることだけがニャがの楽しみ方では
無いので、自己満足に走ろうかなと思いますwww



最後に、ブログを始めて早半年。。。
遅々として更新の進まないブログではございますが、
お付き合いいただきありがとうございます。

ニャがを始めてまもなく1年という未熟な頭領の
妄想全開なブログではございますが、
引き続きよろしくお願いいたします。


以上、ゼフィでした。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR